【2つのエリアでいろんな人が楽しめる】猪苗代スキー場 中央×ミネロ




一時期、福島県に住んだことがあり、通っていました。

猪苗代スキー場 | 福島県磐梯高原・猪苗代スキー場

福島県のスキー場といえば、今でこそアルツ磐梯になっていますが、特にスキーヤーにとってはまだまだ人気です。

中央ゲレンデとミネロゲレンデに分かれていて、自分のレベルに合うゲレンデが選べます。

猪苗代スキー場の魅力は以下の通りです。

  1. ゲレンデが2つのエリアに分かれている
  2. シーズン券が多様
  3. 関東圏からのツアーが豊富
  4. レストランが複数ある

 


1. 中央×ミネロの2つのエリア

このスキー場の大きな特徴の1つでもありますが、エリアが2つに分かれています。

簡単に両エリアの移動ができるのですが、分かれていることは色々と良いことがあるんです。

それぞれのゲレンデの特徴として、中央は“いなチュー“EASY”エリア”と呼ばれるだけあって、ビギナー、キッズ〜中級エリアです。

逆にミネロは“ミネロ“CRAZY”エリア”と呼ばれ、斜度のキツ目なハードバーンが特徴です。

ガンガン滑る方にとっては最高なエリアです。

 

このように対象としているお客さんを分けているので、ゆっくり滑っている横を猛スピードで滑っていかれることも少ないですし、

逆にコース中央で立ち往生してしまっているビギナーやキッズへの衝突の心配なく、エキスパートの皆さんはガンガン滑れます。

 

2.シーズン券に種類がある

「早割」と「レギュラー期間」という値段の種類ではないです。

マックアースと聞けばピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

マックアースのシーズン券は、今年は全国35カ所のスキー場の利用が可能だそうです。

残念ながら今年の購入は、この記事を作成している本日までとのことなので、欲しい方は来年まで待ちましょう。

もう一つのシーズン券は「福島6」というシーズン券です。

これもマックアースの企画の一つのようですが、福島県内の6つのスキー場共通券となります。

対象は猪苗代スキー場、裏磐梯スキー場、沼尻スキー場、箕輪スキー場、高畑スキー場、南郷スキー場です。

自分の状況に合わせて購入できるのは良いですよね。

 

3.関東圏からのツアー

栃木、茨城、千葉、東京からのツアーバスが出ています。

スキー場ホームページのアクセスのページに各ツアー会社のリンクが貼られていますので、対象地域にお住いの方はチェックしてみてください。

アクセス | 猪苗代スキー場

 

4.レストランが複数箇所

スキー場でご飯を食べるときに気を使うのが、ランチのタイミングですよね。

繁忙期はとにかく混みます。

私はお昼ご飯は自前で持っていくことが多いので、車に戻って食べることがほとんどですが、みんなでご飯を食べる時は、時間をずらすようにしています。

スキー場の特徴として、2つのエリアに分かれていることは既に記載していますが、分かれているからこそセンターハウスがそれぞれにあり、プラス2つのレストランで合計4つご飯を食べられる場所があります。

お子さんが小さいと、特に並ぶのは大変ですよね。

 


 

猪苗代スキー場は高速道路のインターから比較的近く、雪道の苦手な方でも運転できそうです。

スキー場上部からは猪苗代湖が一望できるというポイントもあります。

最後に滑ったのは、たぶん2009年ではないでしょうか?

しばらく行っていないので、また行ってみたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください