【高速ICから近い、温泉近い、皇太子ご夫婦も登った日本百名山】あだたら高原スキー場




一時期、福島県に住んだことがあり、通っていました。

あだたら高原スキー場

スキー場に向かうハードルの1つには“雪道運転”がありますよね。

現在、雪国に住んでいる管理人ですが、降雪後の道路渋滞には悩まされます。

そうなんです!

雪国に住んでいても、雪道運転が苦手な方が多いんです!

高速道路のインターチェンジから近いスキー場は重宝されますよね。

それでは、今回もポイント絞って見て行きましょう。

  1. 高速のインターチェンジから20分と近過ぎる
  2. 駐車場に戻るよりも温泉が近い
  3. グリーンシーズンも楽しめる日本百名山

 


1. 高速のICから20分は近過ぎる

記事の冒頭でも触れましたが、このスキー場を選ぶ理由の1つに、“雪道運転の少なさ”があります。

途中の岳温泉からもバスで20分なので、温泉をベースにして滑り込みをするのもイイですね〜

2018シーズンは12月16日からオープンしてますので、雪道運転の腕慣らしに選んでも良いかもしれません。

 


2.駐車場に戻るより温泉が近い

管理人も何度かこちらの温泉を利用しましたが、近すぎます。

お湯はpH2.5の強酸性のお湯で、お肌の余分な角質がなくなる感じがしますよ。

帰り温泉施設 あだたら山 奥岳の湯 

個人的には酸性の温泉が好きなので、オススメです。

 


3.グリーンシーズンも楽しめる日本百名山

日本百名山にも指定されている安達太良山。

1996年には皇太子様、雅子様も訪れており、記念碑が建てられています。

くろがね小屋という登山小屋もあり、バックカントリーで安達太良山に入った時に利用しました。

福島県・磐梯朝日国立公園 あだたら高原

 


 

そんなに大きくないスキー場ですが、ゴンドラがあり、斜度のある斜面もありますので、上級者でも満足されるはずです。

福島県の郡山市からだと、猪苗代や裏磐梯が近いため、競争率が低く、比較的混在を回避できるかもしれません。

次回訪れる時は、バックカントリーですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください