【バックカントリー、パウダー、温泉】網張温泉スキー場がいい。




1、2月のバックカントリーで利用することの多い網張温泉スキー場の紹介です。

今年は12月16日にオープンしています。

スキー場 | 休暇村岩手網張温泉【公式】

 

行ったことのない方にとっては、まずは何て読むんだ?と思いますが、「あみはり」と読みます。

それでは網張スキー場のポイントをみていきましょう!

  1. バックカントリーのリフトアクセスがイイ
  2. スキー場から温泉が近過ぎる
  3. 樹氷が見られるかも?

 


1.犬倉山はゲレンデからアクセスがイイ!

 

バックカントリー初心者、またはこれから始めようとする方の心配事の1つにハイクアップがあると思います。(ありますよね?)

犬倉山は網張スキー場のリフトトップから30分程度で行けて、そこそこ良い斜面があるのでオススメです。

僕のBC歴はまだ5年程度(途中の1年はやれませんでしたので、通算は4年です)なのですが、一番楽しかったのが犬倉山です。

なかなかツアーを組んでいるガイドさんは居ませんが、見つけたら是非行って見てください!

 


2.温泉近過ぎ

 

スキー=温泉という皆さん!温泉とゲレンデが近いのは最高すぎますよね。

ここは2分で着きます。

全国各地にある休暇村の1つでもあり、宿泊施設もありますので、BC狙いで宿泊、というのもイイですね〜

年に1度はBCで訪れています。

 


3.樹氷が見られる数少ないスキー場の1つです

 

このブログでも樹氷を見られるスキー場として、「すみかわスノーパーク」を紹介しましたね。

その記事はこちら。

 

「すみかわスノーパーク」で見られる樹氷はスノーキャットに乗車して刈田岳まで行かないと見られないのですが、

このスキー場ではゲレンデ内で見ることができます。

(※双子林間コースの左右で見られますが、天候等で育ち方が変わりますのでご注意ください)

 


 

いかがでしたでしょうか?

BC好きには特にオススメスキー場です。

今年は安比高原スキー場のシーズン券を購入しているので、BCで1回行くかどうか…でしょうか。

早くBC行きたい!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください