【レビュー】4FRNT Renegade 186cm (2017-2018)




今シーズンは板、ブーツを新調しました。

第1弾として、4FRNTのRenegade 186cmをレビューします。

この板を購入するのは2回目です。

前回購入したのは2012-2013モデルで、個人輸入して使用していました。

ちょうどHOJIがリリースされた時のモデルですね。

 

こちらがそのときのモデル↓

ビンディングはDynafit TLT Radical FTを付けていました。

 

購入前の試乗は行っておらず、Eric Hjorleifsonの動画に惚れ込んで決めました。

試乗レビューでは”硬過ぎて扱えない…”、”上級者モデル”というコメントが多かったです。

ひとつ、購入前に安心感を得ていたのが、HOJIの初代モデルは試乗してたことです。

「同じライダーが作った板だから大丈夫っしょ!!」

という安易な発想で輸入しました。

 

結果は、、

「何とかなる!」でした。

 

確かに最初はかなり苦労しましたが、板の性格が分かれば非常に頼もしい1台でした。

この板は2シーズン使用したのですが、諸事情により手放しました。

 

2017-2018シーズンを迎えるにあたり、板を一新させることになり、今までで最も印象深かったRenegadeに決めたわけです。

他にも悩んだ板が多くあったのですが、この辺は別の機会にします。

 

それでは、2017-2018のRenegadeです。

グラフィックは先シーズンと変更無しです。

変更点は、材料を変更し、軽量化されたことです。

 

スペックは以下の通りです。

  • 長さ:186cm
  • ディメンション:135×122×129
  • ラディウス:35m
  • エッジ:126cm
  • 重量:2100g

 

手に持った感じは、重くもなく、軽くもなく。

以前使用していたRenegadeよりは軽くなったことは分かりました。

 

ビンディングは写真にも写っていますが、Kingpin 13です。

こちらのレビューも後ほど。

 

Eric Hjorleifsonの3兄弟の板はRenegade、HOJI、Ravenとありますが、現在はグラフィックも似たような感じになっています。

マグナム?が描かれていますが、Renegadeの強さ、速さをイメージしているのでしょうか?

 

反対は、トップシートが一部透明になっており、心材が見えています。

 

肝心の乗り心地ですが、

昔のRenegadeを知っている立場からすると、少しイメージが変わったと感じています。

 

素人ながら、この1ヶ月程度で感じたことは、

  • 以前と比べて、確実に柔らかい(煽った感じでも分かる)
  • ロッカーが少し抑え目?になった(ReflectTech™採用なので、気のせいかもしれない)
  • 板全体の厚みが薄くなった(軽量化されたので当たり前と言えば当たり前)

扱いやすくなった、というレビューが多くあるように、

「以前よりは柔らかく」、「軽く」作られていますので操作性は良くなったと思います。

(※Renegadeの重厚な感じが好きだったので、少し残念ではありますが。)

 

一方で変わらない点もあります。

  • 柔らかくなったとはいえ、やっぱり硬い
  • Deep Powderでの操作性
  • マニュアル感

Renegadeのアイデンティティを残したまま、扱いやすさを入れてきた、というイメージが合っています。

このスキーに乗ると、自分からスキーに働きかけていくことの大切さを思い出します。

アイスバーン等の一部を除けば、大体のコンディションですべることが可能です。

 

Eric Hjorleifsonの板はどれにでも言える事ですが、滑った感じとしては、

“ずれながら、縦に落ちていく”、です。

 

この感覚を取り戻すのに時間がかかりましたが、やっぱりこの板好きでした。

 

ビンディングの取り付け位置が需要になりますので、この件に関しては別途upします。

ちなみに僕は4FRNTが推奨している位置から“-1cm”です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください