【レビュー】4FRNT Raven 184cm (2017-2018)




新しくDeep Pwder用としてRenegade 186cmを導入していますが、春先のバックカントリーとしても使用できるものとしてRaven 184cmも購入しました。

RavenはEric Hjorleifson のシグネチャーシリーズの末っ子、ツーリングモデルとして、2014-2015シーズンから導入されています。

現在のモデルは初代とは少し異なっており、Renegade同様、扱いやすくなっていると思われます。

初代モデルのRavenはこちら↓

スペックも現在とは少し異なり、以下の通りでした。

スペックは以下の通りです。

  • 長さ:184cmのみ
  • ディメンション:120×102×112
  • ラディウス:23m/30m
  • エッジ:119cn
  • 重量:1900g

デュアルサイドカーブという特徴的なシェイプをしたのが初代Ravenでした。

この時期のRavenに乗ったことがないので現在のモデルとの比較ができませんが、

過去のレビューを参考にすると、“扱いにくい”というコメントが多いように感じました。

 

レビューを見るたびに購入を躊躇しましたが、

Renegadeと同様に、

「同じライダーが作った板だから大丈夫っしょ!!」

こちらも安易な気持ちで購入しました。

結果は、こちらも大丈夫です。

フラットキャンバーとハードフレックスからくる乗り味は、

Renegadeのイメージは残しつつ、ツアーで高速滑走を可能にした板、ということにしておきます。

サイドカーブがシングルに変更になったことも、乗りやすくなった一要因かも知れませんね。

 

それでは2017-2018モデルを見ていきましょう。

グラフィックはRenegade同様、先シーズンと変更無しです。

変更点も同様で、材料を変更し、軽量化されたことです。

少しロッカー具合を抑えている所もあります。

 

スペックは以下の通りです。

  • 長さ:184cm
  • ディメンション:120×104×112
  • ラディウス:29m
  • エッジ:119cm
  • 重量:1770g

ビンディングはKIngpin 13です。

 

Renegadeはマグナム?が描かれていましたが、Ravenはこちらです。

ツルハシですね。ツアーをイメージしているのでしょうか?

 

反対側はRenegade同様に一部が透明になっています。

 

乗り味については、先ほど一部触れましたが、

Renegade同様に、“ずれながら、縦に落ちていく”、です。

マニュアル感の強さも似ていて、Renegade好きなら間違い無いでしょう!とオススメしたい1台です。

今シーズンからは190cmも用意されてますので、Renegade 196cmを使用しているユーザーでも十分対応可能ですね。

 

この板はビンディングの取り付け位置が需要になりますので、この件に関しては別途upします。

ちなみに僕は4FRNTが推奨している位置から“-1.5cm”です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください