【ふたつのスキー場とリゾートホテル】八幡平リゾート パノラマスキー場 & 下倉スキー場




どこで手に入れたのか忘れてしまいましたが、両スキー場で使える招待券を使って、1日掛けて下倉スキー場⇒パノラマスキー場を楽しんできました。

八幡平リゾート パノラマ&下倉スキー場/八幡平マウンテンホテル

バックカントリーエリアとして有名な八幡平ですが、スキー場も有名です。

それでは今回も僕の視点からのポイントをまとめていきます。

  1. リフト券はパノラマ・下倉共通
  2. 下倉スキー場はパウダー遭遇率70%
  3. パノラマスキー場は有数の緩斜面数

 

1.リフト券が2つのスキー場で共通なのがいい

アルツ磐梯と猫魔スキー場も共通のリフト券でしたね。

猫魔スキー場については以前の記事をご覧ください。以前の記事はこちら。

 

パノラマと下倉、2つのスキー場は非常に近く、無料のシャトルバスも運行されています。(車で10分かかりません)

先日お邪魔した際には、このような流れで2つのスキー場を楽しんできました。

 

朝〜お昼は、下倉スキー場でガンガン飛ばしながら滑る。(パウダーにも恵まれて楽しかった!)

お昼はいつも軽めですが、下倉スキー場の名物、「シナモンロール」とコーヒーで小休憩。

休憩後は車でパノラマスキー場へ移動。(ちょうどお昼どきで家族連れでレストランは激混みです)

空いている時間帯でパノラマスキー場を悠々とクルージングして帰宅。

 

注意点としては、一人で行く時です。

少し触れていますが、パノラマスキー場のレストランは、休日激混みです。

自分でお昼ご飯を用意して行くか、下倉スキー場で済ませ得てから移動するのがベストです。

 

2.パウダー遭遇率70%の下倉スキー場

「下倉の壁」をご存知のパウダージャンキーは多いことでしょう!

降雪のあった時の下倉の壁は最高です。

何も言うことはありません。

ぜひ行って見てください。

(※降雪がしばらくなかった時に行ったことがありますが、下倉の壁は修行場へと変貌しますのでご注意を。)

 

3.トップからボトムまで緩斜面! パノラマスキー場

多くのスキー場って、ボトムの方は緩斜面が多くても、ゲレンデトップに行くと急斜面、ってことがあります。

家族連れだと困るんですねー。子供は一番上まで行きたいって言うけど、いざ行って見たら…

 

パノラマスキー場は全てを解決してくれます。

ずっと緩斜面です。

上級者にはつまらないスキー場かも知れませんが、家族連れや、デートに向いたスキー場です。

下倉スキー場で疲れ切った体にも優しいスキー場でした。

 


 

いかがでしたでしょうか?

八幡平エリアの魅力は雪質です。

隣接のマウンテンホテルに宿泊し、バックカントリーの拠点にしてもいいかも知れませんね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください