【東北3大スキー場】蔵王温泉スキー場 2017-2018




東北の3大スキー場と言えば、安比高原、アルツ磐梯、そして今回紹介する蔵王温泉です。

安比高原スキー場については、以前の記事で紹介しました。

山形蔵王温泉スキー場ガイド|蔵王索道協会

 

山形蔵王ICからは少し距離がありますが、スキー場の規模、ゲレンデ以外の楽しみも含めると遠さなんて感じないと思います。

それでは今回も蔵王温泉スキー場についてポイントを抑えていきましょう!

 

  1. ゲレンデ広すぎ
  2. 温泉良すぎ
  3. 山形観光の拠点にはちょうど良い場所

 


天気が悪くても楽しめるスキー場

蔵王温泉スキー場は横に広く、各エリアによって天気が違ってきます。

少々視界が悪くても、エリアを変えることで快適にクルージングできます。

ゲレンデデータは以下の通りです。

 

ゲレンデデータ

  • ゲレンデ:14
  • コース:12
  • ロープウェイ:3基
  • ケーブル:1基
  • リフト:32基(詳細:クワッド/4基・トリプル/2基・ペア/24基・シングル/2基)

スキー場HPより

ゴンドラの頂上では樹氷も見ることができますので、滑らない人でも一見の価値ありです。

 

温泉が最高すぎる

蔵王温泉(ざおうおんせん)は、西暦110年開湯と言われ1900年の歴史を持つ、山形県(旧出羽国、明治以降は羽前国)の山形市南東部、蔵王連峰の西麓にある温泉。

標高880mに位置し、古くは高湯(たかゆ)と呼ばれた。同県の白布温泉、福島県の高湯温泉と共に奥羽三高湯の一つに数えられる。(wikipediaより)

 

強酸性のお湯であり、肌がツルツルになります。

温泉街には足湯がり、冬は寒くて入っていられませんが、グリーンシーズンでも十分楽しめる温泉街です。

 

山形観光にはちょうど良い場所

北方面の観光には少し遠いですが、観光の拠点としてもすばらしい場所です。

南の米沢方面であれば“米沢牛”、“上杉神社”、赤湯の“龍上海”。

沿岸であれば、クラゲで有名な“加茂水族館”。

北に行けば、天童の“将棋”、“腰掛庵のくずもち、かき氷”、もう少し北に行けば“そば街道”、尾花沢の“スイカ”。

さすがに鳥海山や月山までは距離がありますが、観光拠点とすれば非常に便利な場所です。

 


 

仙台市内からも、1時間半位で着きますので、安比高原まで来るより近いです。

遠方から飛行機で来るにも、仙台から直接来たほうが早いかもしれませんね。

最後に言ったのは2014-2015シーズンだったと思うので、しばらく行っていません。。

蔵王エリアのバックカントリーのアクセスとしても利用しますので、ガイド見つけての長期滞在、というのも楽しそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください