【試乗レビュー】LINE Pescado ライン ペスカド 180cm




4月7〜8日、安比高原スキー場で行われた、石井スポーツ来期試乗会に行ってきました。

気になる板からオススメの板まで、7台試乗してきましたので、それぞれ紹介していきます。

(※あくまでも私が滑った感覚で語っていますので、万人が感じるものではありませんのでご容赦ください)

 

本日は、オススメされた1台、LINE Pescado(ペスカド)です。

今期モデルを試乗しましたが、来季はグラフィック変更のみとのことでした。

本当はSakanaを乗りたかったんですが、持ってきていない、とのことで断念。

今期モデルに関しては、LINEのホームページも合わせて参考にしてください。

Pescado – LINE Skis | LINE Skis 2018

 

 

試乗前にスタッフとこの板について話をしたのですが、以下のように話されていました。

  • 実際の板の長さは180cmだが、160cm位の感覚
  • テールが粘る

 

実際に試乗した板はこちら

 

ビンディングはMARKERのTOUR12が付いていました。

 

ソールのグラフィックはこんな感じで、ウロコ模様です。

 

板のスペックは以下の通りです。(LINE ホームページから転載)

  • サイズ:180cm
  • ディメンション:158-125-147
  • 重量:1950 g
  • サイドカット:19.5m

持った感じは軽く、履いても軽かったです。

重量は2kgをきっているので、このサイズにしては軽量の部類かと思われます。

サイドウォールに竹を使用しているのも軽さに貢献しているかも知れません。

 

また、特徴的なのは何と言ってもそのシェイプ(スワローテール)です。

滑った感じはどうなのかと言うと、、、ゲレンデではよく分からなかったです…

ですが、センター125mmとは思えないほどのコントロール性!小回りもできます!

スタッフから聞いていた160cm位に感じると言うのは本当です。

 

テールが粘る、と言うのも体感できます。

朝一のアイスバーンが多い斜面でしたが、テールが粘ってくれてコントロールしやすい

テールがロッカー形状になっている板にありがちな、クルクルする感じはなし。

 

朝一のアイスバーンだったので、高速域は試せないのが残念でしたが、バタつきそうな気配はなかったです。

キングピンを付ければ、より軽さを感じられ、厳冬期のツアーで活躍してくれそうです。

 

パウダーでの乗り味をスタッフに聞いて見ましたが、沈み込ませてガンガンと言うよりは、表面〜中間層をスーッと行く感じらしい。

自分はパウダーの中をガンガン行きたいタイプなので、好みではなさそう…(あくまでも人から聞いたことは話半分で。)

 

次回は同じLINEからSick Day 94 179cmの試乗レビューをお送りします!

それではまた次回!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください