【試乗レビュー】Salomon(サロモン) QST92 177cm




4月7〜8日、安比高原スキー場で行われた、石井スポーツ来期試乗会に行ってきました。

気になる板からオススメの板まで、7台試乗してきましたので、それぞれ紹介していきます。

(※あくまでも私が滑った感覚で語っていますので、万人が感じるものではありませんのでご容赦ください)

 

ラインのシックデイ94を直前に試乗したので、同じセンター90mm位の板で比較をしようと、サロモンのQSTシリーズの中から、92を選択しました。

QST 92 – スキー | Official Salomon® Store

 

 

久しぶりにサロモンの板に乗りました。

特に敬遠していたわけではないのですが、何と無く普通そう。。というイメージで乗っていませんでした。

以前、BBRを使用していた時期があるので、4年ぶり位です。

スゲー楽な板だったので、自分では買いませんが、オススメを聞かれたら必ず候補には入れたいと思いました!

 

まずは全体像

来季はカラーリング変更のみと思われます。

 

試乗用のWARDENのビンディングでした。

 

スペック

サイズが5種類あるのは嬉しいポイントだと思います。

この辺はさすがサロモンです。

サイズのよってセンターは変わりませんので、ラディウスが変わるようですね。

 

ソール(個人的に黒のソールが好きです)

 

トップの部分は少しだけ芯材が見える構造になっていました。

 

持った感じはシックデイ94と同じくらいかな?と思い、HPを確認したら、ペアで3200gとほぼ同じでした。

 

強力なエッジホールドはなく、素直に動いてくれて、カービングもズラしもしやすい印象でした。

ギュンギュン走る板ではないが、シックデイに比べると飛ばせる感じです。

ザクザクの晴雪でも滑りやすく、エッジの引っ掛かりもないのでシーズン通して使えそう。

よく言えば、オールマイティで楽、辛口に言えば普通すぎてつまらない…

シックデイ94と同じく、ゲレンデ~春BCで力を発揮しそうです。

 

QSTシリーズもセンター幅の違うものが用意されていますので、シリーズ内で何本か所有するのもいいですよね〜

センター幅が118、106、99、92、85の5種類あります。

次回からはフォルクル連載です。

KANJO、KENDO、M5 MANTRAと続きますので、乞うご期待!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください