【試乗レビュー】Volkl KENDO(フォルクル ケンドー) 177cm




4月7〜8日、安比高原スキー場で行われた、石井スポーツ来期試乗会に行ってきました。

気になる板からオススメの板まで、7台試乗してきましたので、それぞれ紹介していきます。

(※あくまでも私が滑った感覚で語っていますので、万人が感じるものではありませんのでご容赦ください)

KENDO | マーカーフォルクルジャパン

今回の試乗の1番の目的はVolklです。

一番太いConfessionを試したかったのですが、今回はなし。

FREERIDEシリーズでは今回紹介するKENDOの他に、KANJO、モデルチェンジされたM5 MANTRAがありました。

前情報をほとんど入れない状態で、まずは中間の太さのKENDOを選択しました。

 

全体像(こういうシンプルなグラディックが好きです!)

 

ビンディングはMARKERの市場用GRIFFONでした。

 

スペック

  • サイズ:177cm
  • ディメンション:127-90-110
  • サイドカーブ:20.8m
  • 重量:1940g(1/2ペア) →海外サイト参考

持った感じがまず重い!

マーカー試乗用のグリフォンとは言え、このサイズ感の板では重い方だと思います。

 

ソールの全体像

 

ゲレンデトップからゆっくり滑り出すと、固めに作られていることがすぐに分かります。

FREERIDEシリーズの中でTITANAL(チタン)が採用されているのですが、このチタンの入り方が板によって異なるようです。

KENDOはその中でも、FULL TITANALということで、板前面に採用されている為にカッチリとした、固めに仕上がっているようですね。

ドシっとした乗り心地でエッジがどんどん噛んで行く、カービングもオッケー、さすがアルペンメーカーといった感じ!という乗り味です。

速度域も高く、どんどんスピードに乗れる!緩斜面でもカービングで切っていくようにスピードが上がります。

自分で滑って行く板で、気を抜くと板に置いていかれそうになります。

 

どんどん板に乗っていく感じです。

調子に乗ってたら派手にコケました…

 

久しぶりにフォルクルに試乗したけど、次はフォルクルを選びたいと思える機会になりました。

前情報はほとんど無し状態で試乗を終えて、スタッフに“かなり走りますね〜”って感想を伝えたら、“フルにチタンが入っているのはKENDOだけなので、これだけが少しテイストが違います”って説明受けました。

 

この後、KANJO、M5 MANTRAと立て続けにVolklを攻めます。

次回はKANJOです!乞うご期待!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください