【試乗レビュー】Volkl KANJO(フォルクル カンジョー) 175cm




4月7〜8日、安比高原スキー場で行われた、石井スポーツ来期試乗会に行ってきました。

気になる板からオススメの板まで、7台試乗してきましたので、それぞれ紹介していきます。

(※あくまでも私が滑った感覚で語っていますので、万人が感じるものではありませんのでご容赦ください)

Volk KANJO Freeride

フォルクル2台目はカンジョーです。

1台目のガンガンのカービングのケンドーとの比較が中心になります。

 

全体像

ケンドーが青だったのに対して、カンジョーは緑。

シリーズで色違いっていうのがこれまた好みです。

 

スペック(ピンボケですみません。)

  • サイズ:175cm
  • サイドカット:123-84-104
  • サイドカーブ:19.6m
  • 重量:1570g(1/2ペア)

 

スペックはトップシートにも記載されていました。

ケンドーはトップシート全体にチタンの入ったFULL TITANALであったのに対して、カンジョーは中心に入っているTITANAL BANDだそうです。

写真からでもエッジ側は少し薄くなっているのが分かります。

どうりで軽いわけです。

 

 

ソール

 

持った感じは軽い!軽快な滑りができそうな印象です。

 

実際に滑ってみると、、、うーん。

前に乗ったケンドーがキレキレだったので、物足りなく感じてしまったのが本当の所です。

普段はファット履いている方のための、細めの板、という感じでいいと思います。

 

感想無しってスタッフに伝えたら、それでいいんですよ!これ普通ですもん、ですって。

確かに普通に滑りやすかったんです。

お金に余裕があって、ゲレンデ用の普通の板を買うならアリでした。

 

次回はいよいよ世界的に来シーズン推しているM5 MANTRAです!

乞うご期待!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください