【試乗レビュー】Volkl M5 MANTRA (フォルクル M5 マントラ)177cm




4月7〜8日、安比高原スキー場で行われた、石井スポーツ来期試乗会に行ってきました。

気になる板からオススメの板まで、7台試乗してきましたので、それぞれ紹介していきます。

(※あくまでも私が滑った感覚で語っていますので、万人が感じるものではありませんのでご容赦ください)

 

MANTRA | マーカーフォルクルジャパン

 

フォルクル3台目は世界的な推し板、モデルチェンジしたM5 マントラです。

KENDO、KANJOとも違う乗り味でした。

全体像

板のアウトラインと囲うようにTITANALが入っているのが分かります。

やっぱりシンプルなカラーリングは好みでした。

 

Made in Germany

ビンディングはマーカーのGRIFFONの試乗用です

 

ソール

 

スペック

  • サイズ:177cm(170cm、177cm、184cm、191cm)
  • サイドカット:134-96-117
  • サイドカーブ:19.8m
  • 重量:記載なし

TITANAL Frameということで、Full TITANALのKENDO、TITANAL BandのKANJOの中間的な存在です。

持った感じは、ズッシリ重さを感じるが、Full TITANALのKENDOよりは軽かったです。

乗った感じは、本当にKENDOとKANJOの中間です。

キレキレではないが、進みたがります。カービングもズラしもOK。

時間的にも気温が上昇しており、アイスバーンが少し緩んできた日影の雪から、ザクザクの晴雪でも何のその。

速度域も高く、好みですが、コントロールしやすい範囲でした。

 

まさにオールマイティで、シーズン1本でいける!と思わせてくれました。

今回、マントラは初めてでしたが、世界的に売れている理由が分かりました。

ほぼ受注生産とのことで、手に入れたい場合はお早目に、だそうです。 試乗会の時で、既に10台近く予約が入ってるんじゃないかなぁ?ってことでした。

ここまできたら、一番太いCONFESSIONに乗りたかったですが残念。

それにしてもM5ってなんでしょ?

 

次回はBlizzardのRUSTLER 9です。

乞うご期待!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください