【試乗レビュー】Brizard RUSTLER 9 (ブリザード ラスラー9)180cm




4月7〜8日、安比高原スキー場で行われた、石井スポーツ来期試乗会に行ってきました。

気になる板からオススメの板まで、7台試乗してきましたので、それぞれ紹介していきます。

(※あくまでも私が滑った感覚で語っていますので、万人が感じるものではありませんのでご容赦ください)

 

FREERIDE – Blizzard Ski 2017 – Race ski, All mountain ski, Freeride ski, Freestyle Ski, Mountaneering Ski

 

ブリザードと言えばレーシングのイメージがあり、フリーライド系への認識が小さかったのですが、世界的にはかなり人気のようです。

RUTLERは11、10がラインナップされていましたが、来期モデルから9が入るとのことで、今回はこちらを試乗です。

 

全体像

光の当たり具合で、チタンの入っている部分と、そうでない部分の見分けがつきます。

トップシートがシンプルで好みなのはこれまで通りです。

 

ビンディングはmarkerのツアーがついていました。

 

ソール

 

テール

センターサイズと長さが記載されていました。

 

スペック

  • サイズ:180cm(164cm、172cm、180cm、188cm)
  • サイドカット:127.5-94-117(※長さによって変わるそうです)
  • サイドカーブ:17.0m
  • 重量:1.920g±50g(1/2ペア)

 

 

持った感じは、マーカーのツアーが付いているのでそこそこ重かったですが、激重って程ではなかったです。

軽さを求めるのであれば、ツアー系のZERO Gシリーズをオススメされました。

 

そこそこしっかりしたフィーリングで、オートマチックに走る板です。

でも勝手にグングン走って行くわけではなく、少し方向付けをしてあげるだけで、素直にコントロールできます。

メーカースタッフに聞くと、トップとテールはメタルを抜いているので、うまく捻れてくれるので滑りやすいんだそうです。

 

北米でのフリーライド板のシェアはフォルクルに次いで2位なんだそうです!(ビックリ!)

へ~って言ったら、メーカーさんも「そうですよね。。日本は3年位遅れてます。」と苦笑いでした。

 

FWTでも何人か使用するほどで、色々なシチュエーションが必要とされるライダーからも支持されていることがわかります。

なんでもハイレベルでこなしてくれる、そんな1台でした。

 

ちなみに、一番売れているのは11だそうです。

以上で今期の試乗レビューは終了です!

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください