【レビュー】モバイルバッテリー Anker PowerCore Fusion 5000




管理人は山に入る際は、必ずモバイルバッテリーを持って行きます!

本日はこちらの紹介です。

 

ガジェット系のニュースが大好きな管理人です。

山に入る際、皆さんはモバイルバッテリー持って行きますか?

管理人は必ず持って入ります!

 

理由はいくつかありますが、一番は「緊急事にスマホの充電が切れてしまっていたら電話できない」からです。

いくつもモバイルバッテリーを持つのは大変なので、普段使い〜旅行用、趣味用と兼用できるものを探していたところで出会ったのがAnker PowerCore Fusion 5000です。

この商品はたくさんの方がレビューしていますので、普段山に入る方向けのレビューとしてご紹介したいと思います。

 

まずは購入時の外箱

これまでにもAnker製品を購入したことがありましたが、だいたいいつも似たような箱です。

 

内容物

本体、ポーチ(使わない)、ケーブル(使わない)

 

大きさ

MacBook Pro 15インチの充電器より一回りくらい小さいサイズ感です。

 

Anker PowerCore Fusion 5000

 

このモバイルバッテリー最大の特徴は、コンセントに直差しできるとことろです。

そして、何よりお財布にも優しい!(地味に嬉しい…)

 

管理人はこんな使い方をしています。

 

前日:持っていくスマホ、カメラの充電をAnker PowerCore Fusion 5000につなげて充電

当日:接続している一式をバックパックに入れる

 

なんて事ない内容ですが、入れ忘れてしまっては意味がありません。

経験として、ケーブルを忘れてしまったことがあり、バッテリー切れになりそうな場面に遭遇したことがありました。

 

接続されているAnker PowerCore Fusion 5000、ケーブル、スマホ、カメラの4つをバックパックに入れるので、忘れることがありませんでした。

この入れ方だと、山小屋泊での行動でも安心です。

 

充電の容量が5,000mAhなので、大容量とまではいきませんがiPhoneであれば、1〜2回弱は充電可能です。

山用品はどんどん増えてしまうのが悩みの一つでしたが、日常から山まで使えるものは非常にありがたい!

Anker製品は安くて便利なものが多く、ついついホームページを見てしまいます。

他にもスキー中の使用を想定して購入したものがあるので、紹介しようと思います!

それではまた!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください