【過去ギア紹介#1】サロモン Salomon MTN LAB




管理人が昔使用していたギアを紹介する、“過去ギア紹介”企画第1弾。

それほど昔ではありませんが、今回はサロモンのブーツ、MTN LABです。

使用していた期間は2015-2016シーズン、2016-2017シーズンの2シーズンです。

初期モデルを使用しましたが、現在もカラーと名前が少し変更されて継続されているようです。

S/LAB MTN – ブーツスキーバッグ・ブーツバッグ – MEN

使用していたモデルは1枚だけ写真が残っていました。

ツーリングのカテゴリーですが、flex120で剛性が高い方です。

こちらのモデルはとにかく軽く、確か片方1600gくらいだったと思います。

ツーリングブーツにサロモンが滑走性能を与えた、といったイメージです。

軽さ以外に管理人が感じた特徴として、

・バックルが2つ

・パワーベルトがレーシングブーツに使用されるものと同じ(ブースターに近い)

・ウォーキングモードへの切り替えが容易

・techはdynafitのtltとは相性が悪い気がした

・2バックルについて

昔にもサロモンのフリーライドブーツで2バックルブーツを履いていたので、気になることはありませんでした。

パワーベルトのおかげかもしれませんが、軽量化に繋がっていると思います。

・パワーベルトについて

多くのスキーブーツではマジックテープ式のパワーベルトが採用されていますが、このブーツはレーシング用のベルトが採用されています。

スキー場でもよく見る、BOOSTER STRAPに似ています。

・ウォーキングモードへの切替え

切替えはレバー1つのワンアクションです。

※HPより一部加工

現在のモデルでも同じ構造になっていて、レバーを引き上げるだけです。

この点は現在使用しているダルベロ ルポ 130Cよりも簡便です。

・Dynafitのtltとは相性が悪い気がする

ブーツとビンディングの相性を考えさせられました。

元々techビンディングを使用してきたので、何も気にせずこのブーツをチョイスしましたが、フィッティングを行うべきでした。

トゥーピースの固定時にはなかなか慣れませんでした。

ブーツ+ビンディング+板の相性を考えたセッティングをこれからは考えます。

その辺に関しては、古瀬和哉さんのブログが役に立ちます。

過去ギアに関しては思い出しながら、写真が残っていれば掲載しながら、まったりと語っていこうと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください