Dynafit TECHビンディング 遍歴【レビュー】




TECHビンディング使ってますか?
いつから使ってますか?

今となっては多くのメーカーからTECH対応ブーツが販売されているだけでなく、ビンディングそのものも多くのメーカーから販売されています。

また、今シーズンの大きな目玉として、サロモンのshiftも大注目ですよね〜

3 reasons to choose Salomon SLAB SHIFT Bindings

管理人は実機を見たことがありませんが、youtubeや公式HPで確認してみています。

良い点/悪い点含めて気になっているポイントがあります。

  • 重さ:1,700g/ペアとKingpinと比べて200gほど重い
  • 故障リスク:メカニカルな機構なので、何かしら起こりそう
  • 価格:既存TECHビンディングと同等(意識した価格帯と思われる)
  • ブレーキサイズ:センター120mmまでしかない
  • クランポン:100mm/120mmのみ

センター130mmクラスの板には使用できないので、GeniusやButterknifeで使用できないんですね〜

これはKingpinでも同じで、130mmクラスの板ではツアー(AT)ビンディングを推奨、と行ったところでしょうか?

また、TECH特有の、トゥピースに雪が詰まった際の対処がいまいち分からない!

今後導入すべきか、については実機を使用してみてからと言うことになりそうですが、現状Kingpinで満足しているので余程のことが無い限り導入はなさそうです。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

TECHビンディングといえば、管理人はDynafitでした。

今回kingpinを使用する前まではdynafit一択でした。

使用してきたのは、下記モデルです。

  • Radical FT(4FRNT:RENEGADE 、Rossignol:Soul7)
  • Beast 16(VectorGlide:Butterknife)
  • Radical ST 2.0(Dynastar:Mythic)

計4台使用してきました。

 

一番初めに使用したのが、Radical FTです。

現在のTECHビンディングは、トゥピースとヒールピースが分離しているものが主流ですが、間を繋ぐようにプレートが入っていたのがFTです。

プレートによる効果は、正直分かりませんでした…

STが解放値10までなのに対して、FTは12まであったのでこちらを選んだはずです。

 

次はBeast 16です。

現在、Beast16は無くなってしまいましたが、その特徴的なトゥピースとヒールピースはまるでガジェットのようで、男心をくすぐる一品でした。

使用感としては、まさにTECH界最強です。外れそうな気配がありませんでした。

しかしながら、機構が少し煩雑で、導入初期は準備に戸惑ってました。

 

最後はRadical ST 2.0です。

2.0となり、トゥピースにもローテーション機構が備わりました。

安全性が高まりましたが、トゥピースをはめた状態でもローテーションしてしまい、ヒールピースをはめるのが少し大変になりました。

以前まではトゥピースさえはめてしまえば、気にせず思いっきり踏み込むだけでしたが、正直使い勝手としては悪くなりました。

と言うわけで、管理人は3種類、4台のDynafit TLTビンディングを乗り継いできました。

 

使用感を含めてざっくりまとめると、

  • Radical FT

良い所:STと比べて解放値が12まである

悪い所:プレートの効果は正直不明

  • Beast 16

良い所:TECH界最強。ハードな滑りに最も高いレベルで耐えられる

悪い所:使い方が少し煩雑

  • Radical ST 2.0

良い所:トゥピースのローテーション機構で安全性アップ

悪い所:安全性と引き換えに、装着が面倒になった

 

今シーズンは、引き続きKingpinで行こうと思います!

Kingpinのレビューも合わせて読んでもらえると嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください