夏油高原スキー場にゲート設置の模様です




盛り上がりを見せるバックカントリー。

ニセコエリアでは管理外エリアに出る際のゲートが設置されていますが、今季から夏油高原スキー場でも設置されるとのことです。

“より安全に楽しんでいただきたい”と言う思いがいいですよね〜

 

実際にどこに設置されるのかというと、


※HPから

赤丸で印をつけました。

A1、A6コースの途中が管理区域外へのゲートとなるようです。

 

現状でもゲート付近から管理区域外のBCエリアに出ることが多いのですが、ゲートが設置されたことによる影響が気になるところです。

 

一方で注意点も記載されていましたので、転載します。

ご注意ください!

1,滑走禁止エリアについて

 

①下記のマップに表示された「滑走禁止エリア」はいかなる時も進入禁止となります。
→違反者は即刻退場頂き、リフト券又はシーズン券を没収いたします。

②滑走禁止エリア内での救助費用は実費請求させて頂きます。


2,管理区域外について

 

①スキー場管理区域外はスキー場による安全管理は行われていません。
→雪崩の巣や崖など様々な危険が常時潜んでいます。

②管理区域外による事故はユーザーの自己責任となり、救助要請は基本的に「警察」となります。


3,ゲート設置

①スキー場管理区域外を滑走する際は、マップに記載された「ゲート」のみを通過する事
→ゲート以外からの進入により出来た滑走痕に続く者をなくす為

②スキー場パトロールによるゲートの開閉は行いません。
→ゲート通過はユーザーの責任と判断となります。


4,ゲート通過条件

登山届の提出義務(チケットセンター横の「マウンテンインフォメーション」の提出BOX)
→万が一の事故遭難時に捜索の手がかりとなります。

②必須装備・・・下記の装備は必須とします。

・ヘルメットの着用
・満充電の携帯電話→警察への救助要請に使用(電波が届かない区域もあります)
・スノーボーダーのみスノーシューの携行

③推奨装備・・・下記の装備の携行を強く推奨します。

・ビーコン→レンタルございます(数量限定)
・ゾンデ、スコップ

・シール(スキーの方)
・コンパス
・非常食
・ホイッスル
・発煙筒
・その他遭難時、雪崩発生時に役立つ物

④推奨事項・・・ 下記の事項を強く推奨します

・現場の地形に詳しい人と同伴する事
・単独滑走は避け、複数人での滑走をする事
・雪崩発生に対処する為、同時滑走は避ける事
・午後2時以降のゲート通過は避ける(万が一の際、捜索救助が翌日まで及ぶことを避ける為)


5,事故対応について

 

①スキー場管理区域外の事故はユーザーの自己責任となります。

②救助要請は基本的に「警察」となり、スキー場は警察の指示に従います。

③以下の場合は費用を全て実費請求します

a,警察や消防の救助に際し、対策本部や待機場所の提供、人員輸送などの後方支援に関する費用

b,スキー場パトロールが出動した場合(2次災害の危険が低く場所が特定出来た場合のみ出動の可能性)

 

滑走禁止エリア?管理区域外?

少しわかりにくいですが、簡単にいうと、

  • 滑走禁止エリア:スキー場内だけど、滑走を禁止している場所→スキー場に責任がある場所
  • 管理区域外:スキー場以外→自己責任の場所

コースマップでも示されてますので、ご一読を。

 

ニセコルールとは少し異なる部分がありますので、ここにも注意が必要です。

NISEKO UNITED.さまからの転載です。

ニセコルール 2018-2019

01.立ち入り禁止区域にいかなる理由があっても入ってはならない
[春の滝、湯の沢は完全立入禁止区域です]

02.ロープをくぐってはならない。スキー場外へはゲートから出ること
[各スキー場に合計11ヵ所のゲートを設置しています]

03.スキー場外の安全管理は行われていない
[スキー場外はスキー場による安全管理は行われていません。スキー場外の滑走は各自の責任で行ってください]

04.ゲートが閉じられているときはスキー場外へ出てはならない
[高い危険が予想されるときはゲートを閉鎖します]

05.ニセコ雪崩情報はニセコルールの公式情報である
[インターネット、リフト乗り場、各ゲートなどに掲示します]

06.スキー場外での捜索救助には費用が請求される
[スキー場パトロールが捜索救助を行うときの実費は10万円(最低額)以上になります]

07.スキー場パトロールの指示に従うこと
[スキー場内外を問わず、すべての利用者はスキー場パトロールの指示に従ってください]

08.小学生のみのスキー場外滑走を禁止する。ただし少年団活動など指導者及び   保護者同伴時を除く
[同伴者は子供たちだけでなく、周囲に対しての用心を怠らないでください]

09.スキー場と地域は利用者の自由を尊重し、その安全に重大な関心を持つ
[だれもがニセコを楽しみ、事故にあわないことが私たちの願いです]

特に気をつけなければいけないのは、ニセコルール04で規定されている、危険度の高い時のゲート閉鎖です。

基本的に夏油高原スキー場のゲートはパトロールによって開閉されません。

ゲート通過自体が通過者の責任となりますので、本当に注意が必要です。

 

この辺のルールは今年の状況でアップデートしていきそうですね!

とにかく、12月1日のオープンが待ち遠しい限りなんです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください