Marker Kingpinのトゥーピースの雪詰まり問題




珍しくピーカンの夏油高原スキー場だったわけですが、何となくKingpinのトゥーピースが外れにくいと感じていました。

そろそろ帰ろうかと、いつも通りビンディングを外す作業をしたところ、

外れない!

かれこれ10分近くは格闘していたと思います。

センターハウスに戻り、原因を確認してみたのですが、トゥーピースのスキーモード/ウォークモード切り替えのレバーの中に雪が詰まり、凍っていました。

試しにレバーを下ろしてみましたが、

凍った雪が干渉してレバーが十分に下がりませんでした。

 

完全に盲点でした。

スプリングの下で雪が凍るとトゥーピースの固定ができなくなるので、BC時の休憩中等はトゥーピースをスキーモードにしておくことも実際にありますが、まさかここに雪が詰まるとは…

今日は天気が良かったので、車に戻って太陽に当てて解かしました。

解けた後にトゥーピースを確認しましたが、排雪されるようにはなっています。

雪が溜まらないような設計になっています

“滑走できない”という問題ではないので致命的ではないですが、結構焦りました。

これって、何か対策があるもんでしょうか?

BC時にはアイスピックを持参するくらいしか思いつきません…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください