【試乗レビュー】Vector Glide/GENIUS STANDARD ヴェクターグライド/ジーニアス スタンダード 185cm




2019年1月26日、27日に夏油高原スキー場で開催された、ヴェクターグライドの試乗会に参加してきました。

7機種試乗してきましたので、順番にレビューしていきます。

あくまでも管理人のフィーリングで語っていますので、ご容赦ください。

 

本日は2つ目に試乗したGENIUS STANDARDです。

HPでの取り扱い

Vector Glideのホームページでは、GENIUS STANDARDはCARBONと同様、Big Mountainにカテゴリーされています。

GENIUS以外では、BUTTER KNIFEがBig Mountainにラインナップされています。

 

スペック

スペックはスタンダードと変わりがありません。

HPから引用となりますが、

ヴェクターグライド最速のパウダーモデル。ワイドシェイプロッカー形状が絶大な浮力を、ピンテールがターン後半の走りと抜群の操作性を生み出す。

Vector Glide’s fastest powder snow model. The rocker shape let you gain ultimate flotation, and the pintail form provides superb maneuverability.

SIZE: 185  193

SIDE CUT: 155-130-140

RADIUS: 33.3(185)  37(193)

¥151,000 +TAX

※HPから転載

カーボンは税込173,880円でしたが、スタンダードもメチャクチャ高い。

税込163,080円は、管理人は価格の時点で手が遠のきます…

 

いざ、試乗!

試乗したのは185cmです。

177cmはレディース用としてラインナップされており、カラーも水色で可愛い感じに仕上がっています。

 

ビンディングはMarker JESTERの試乗用がついていました。

 

カラーは少し前のものでしょうか?

今シーズンのモデルはソールがピンク地に黒文字でVECTOR GLIDEが入っています。

何となく以前にも同じカラーが存在していたような気がするのは管理人だけでしょうか?

 

※HPから転載

 

カーボンモデルは、たわんだ状態からの跳ね返りが強く、切り返しで飛び跳ねてしまいそうでした。

カーボンモデルのレビューはこちらから

 

カーボンと比べると「しっとり」したフィーリングです。

エッジの食いつきは良い意味で控えめ。板が捻れてくれるのが伝わります。

コース脇の荒れパウでもコントロールは楽チンでした。

 

また、スピードが出でもスピードコントロールしやすく、センター130mm?と思えるほどのコントロール性でした。

これまでも何度か試乗してきましたが、毎度売れる理由が分かる板です。

 

カーボンと比べた時のネックは重さでしょうか?カーボンと比べると100グムくらい重いそうです。

重いとは言え、この板でBC入る人は大勢いるので、自分の滑りに合わせてカーボンかスタンダードかを選んだ方が無難かと。。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください