【樹氷も見られるスキー場】すみかわスノーパーク




一番多く通ったスキー場です。

すみかわスノーパーク【公式ホームページ】

ローカルスキー場ではありますが、県外ナンバーは観光バスも多く駐車されていたように思います。

 

すみかわスノーパークのポイントをいくつかあげて見ます。

  1. 樹氷めぐり
  2. パーク
  3. キャットツアー
  4. レストラン
  5. 料金

それぞれを詳しく紹介していきます。


 

樹氷めぐり

全国でも樹氷が見られるポイントは限られていますが、

すみかわスノーパークから、雪上車「ワイルドモンスター号」で乗車することで、

ゆったりと鑑賞ポイントまで移動することができます。

スキー、スノーボードをやらない方々にとって、雪上車に乗る機会はほとんどないと思いますので、

「観光」で訪れるのもアリだと思います。

実際に僕が伺っていた時も、海外の観光客の団体を何度か見かけていました。


 

パーク

ローカルスキー場でスキー場の規模にしては、パークがかなり充実しています。

朝一でゲレンデ上部のパウダーエリアを楽しんで、その後でパークを楽しんでいる

ライダーが多いですね。

スキーとスノーボードの比率は2:3くらいでしょうか?


 

キャットツアー

個人的にすみかわスノーパークの一番の推しポイントです!

日本百名山の1つでもある刈田岳(標高1,757m)の近くまで雪上車にてラクラク到着。

ガイドさんも気さくな方で、色々と教えてくれました。

こちらのガイドはM’s GUIDE & SCHOOLといい、キャットツアーだけでなく、

蔵王エリア、鳥海山エリアのバックカントリーツアーの企画も行なっています。

僕がバックカントリーにハマったのはここです。


 

レストラン

ゲレ食も重要なポイントですよね。

ローカルスキー場なので、オシャレなものはなかなかありませんが、

オススメは「レモン塩しょうがラーメン」です。

塩ラーメンに別皿でカットレモンと、すりおろし生姜が付いてくるのですが、

冷え切った体にサッパリしつつも、生姜であったまる感じはたまらないです!


 

料金

大きなスキー場ってリフト券高くないですか?

確かに色々な施設の運営で費用がかさむのは仕方ありませんが、

高いよりは安いほうが良いのは正義です!

なんと、大人の1日券でも3,300円なんです。

僕が通っていた時は、シーズン券で利用していたのですが、

シーズン券も安い。

新規会員で30,000円、継続会員では破格の27,000円!

確か3シーズンくらい連続で購入していました。

シーズン券購入の特典も多く、プラス2,000円を支払うことで、

1,000円×10回分の昼食券も付いてくる!

安すぎます!


 

いかがでしたでしょうか?

一発目からかなりのローカルスキー場ですが、

降雪機を使用せず、100%のナチュラルスノーが楽しめるスキー場です。

2017年は12月5日(火)からの営業開始のようです。

 

ぜひチェックして見てください。

 

by tetsu57.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください