【試乗レビュー】Vector Glide/POLARVE ヴェクターグライド/ポラーヴ 186cm




2019年1月26日、27日に夏油高原スキー場で開催された、ヴェクターグライドの試乗会に参加してきました。

7機種試乗してきましたので、順番にレビューしていきます。

あくまでも管理人のフィーリングで語っていますので、ご容赦ください。

 

本日は3つ目に試乗したPOLARVE。

今シーズンのNEWモデル、一押しです!

HPでの取り扱い

Vector Glideのホームページでは、POLARVEはAll Mountainにカテゴリーされています。

All Mountainにカテゴリーされているモデルが最も多く、AventuraやCordova、MAKEシリーズがラインナップされています。

 

Vimeoには板の動画がアップされてます。

2019 NEW MODEL “POLARVE” from VECTOR GLIDE on Vimeo.

 

スペック

スペックはHPから転載しますが、

素材にカーボンファイバーとメタルを使用することで軽快さと安定性を持ち合わせた一台。

ターン時のスキーのディフレクションを均一になるように設計することでよりスムーズに美しいターンを描くことが出来る。

シーズンを通して様々なシチュエーションで楽しめるスキー。

Using carbon fiber and metal, this is light and stable ski. Having a uniformed deflection design, it turns smoothly and beautifully.

​Perfect ski for all season at any condition.

SIZE: 186  175

SIDE CUT: 135-107-125

RADIUS: 25(186)  21.5(175)

¥128,000 +TAX

※HPから転載

センター107は汎用性が高そうです。

ただし、やっぱり価格はヘビー。税込138,240円です。

 

いざ、試乗!

試乗したのは186cmです。

他の長さは175cmがラインナップされています。

ビンディングはMarker GRIFFONの試乗用がついていました。

 

トップシートのテール側にモデル名が記載されていました。

字体がオシャレ。

試乗した板のトップシートはHPに掲載されていないモデルでした。

 

センター107は汎用性が良さそうですが、カーボンとメタルのハイブリッドでサイズにしては重目です。

春のロングルートもいけるのか?と期待しましたが、長時間のバイクはキツそうなくらいの重量感でした。

 

試乗前にスタッフとの会話しましたが、縦に縦に落としていく板で、スピード出した方が楽しいとアドバイス貰いました。

滑りだしのコース脇荒れパウに入ると、その重量感からは想像できないコントロール性で、楽しそうな板!と思わされました。

そのまま気を抜いてピステに戻って滑ると、

 

!!!

 

エッジがかなり食いつく!気が引き締まりました。

ソールが雪面にピタッと張り付いたような感覚で、縦に縦に、スピード出していくことで安定感が増していった感覚でした。

少々硬めのバーンにも対応可能、ゲレンデ中心の方で1台だけ選ぶ、だったらこれが良さそうです。

テールもロッカーではないので、基礎スキー系からの1台目としても良さそう。

 

試乗後、スタッフからはパウダーだとスイスイと動く板ですよーとコメントありました。

確かにコース脇の荒パウでの挙動は素晴らしかったです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください