【試乗レビュー】Vector Glide/AVENTURA standard ヴェクターグライド/アヴェントゥーラ スタンダード 185cm




2019年1月26日、27日に夏油高原スキー場で開催された、ヴェクターグライドの試乗会に参加してきました。

7機種試乗してきましたので、順番にレビューしていきます。

あくまでも管理人のフィーリングで語っていますので、ご容赦ください。

 

これまでもAVENTURAには何度か試乗してきましたが、スタンダード、メタル、スーパーライトを1度に乗り比べたことは無かったので、乗り味+比較でお伝えできればと思います。

まずはスタンダードからです。

 

AVENTURAについて

公式HPではAVENTURAはAll Mountainのシリーズにラインナップされています。

All Mountainには2018-2019シーズンで新しくラインナップされたPOLARVEがありますね。

※POLARVEの試乗レビューはこちら

 

「冒険」という名のついた板であるだけに、様々なシチュエーションを想定して設計された板のようです。

コンディションに悩んだら“ハズレのない板”という感じです。

試乗した板はこちら。

 

スペック

こちらも同じくHPから転載します。

アヴェントゥーラは冒険という意味を持ち、1台でどんなシチュエーションに出会っても、思い通りのターンを描くことができる。未知の山に出かけても安心してスキーを楽しむことができる。

This ski provides perfect turns under any situation. A easily maneuvered it is highly respnsive in powder and provides outstanding turns.

SIZE: 178  185

SIDE CUT: 135-100-120

RADIUS: 18.2(178)  20(185)

¥130,000 +TAX

POLARVEより高いんですね〜

ちょっと意外な感じもしますが、それだけ開発に時間とお金が掛かっている、ということなんですね。

 

センター幅100mm、ラディウス20m(185cm)というスペックからも扱いやすそうな雰囲気が感じられます。

ボケてます。。すみません。

 

いざ試乗!

本当のところ、アヴェントゥーラは何度も試乗してきたので今回はパスしようと思っていたんです。

何を乗ろうか迷っていたところ、河野さんからオススメされたのがアヴェントゥーラ。

「今日の雪だったら良いと思うよ」と言ってくれたので、とりあえず乗ってみようかと思いました。

たぶん5,6回は試乗したことがありますが、ポラーブ同様、オールマイティな1台という印象です。

 

今回、改めて試乗した印象も変わらず、相変わらずのオールマイティさ。荒れバーンでも問題なし。

テールがフラットなので、スピードが出たターンでもテールが粘ってくれます。

 

重さもさほど、といった感じなのでゲレンデ〜BCで活躍できそうです。BCメインの方はカーボンの方がよさそうです。

 

感じたことがあります

ヴェクターグライドの板って不思議なんですけど、いつ試乗しても印象がほとんど変わらない気がします。(管理人だけでしょうか?)

開発時のコンセプトがハッキリしていて、改良の余地がないような状態で発売されているからなんでしょうね。

 

次回はAVENTURAのメタルです!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください