【試乗レビュー】Vector Glide/AVENTURA Metal ヴェクターグライド/アヴェントゥーラ メタル 185cm




2019年1月26日、27日に夏油高原スキー場で開催された、ヴェクターグライドの試乗会に参加してきました。

7機種試乗してきましたので、順番にレビューしていきます。

あくまでも管理人のフィーリングで語っていますので、ご容赦ください。

 

これまでもAVENTURAには何度か試乗してきましたが、スタンダード、メタル、スーパーライトを1度に乗り比べたことは無かったので、乗り味+比較でお伝えできればと思います。

今回はメタルです。

こちらも以前試したことのある1台。アヴェントゥーラをパワフルにした板で、ハイクが無ければなければオススメ。

前回スタンダードのレビューを書いています前回スタンダードのレビューを書いていますので、合わせて見ていただけると嬉しいです!

AVENTURAについて

公式HPではAVENTURAはAll Mountainのシリーズにラインナップされています。

All Mountainには2018-2019シーズンで新しくラインナップされたPOLARVEがありますね。

POLARVEの試乗レビューはこちら

 

「冒険」という名のついた板であるだけに、様々なシチュエーションを想定して設計された板のようです。

コンディションに悩んだら“ハズレのない板”という感じです。

試乗した板はこちら。

見た目にはスタンダードとの違いは正直わかりません。

 

スペック

こちらも同じくHPから転載します。

アヴェントゥーラのメタルモデル。荒れたバーンや固く締まったアイスバーンなど難しいコンディションでも安定し、キレのあるカービングターンが可能。ファットスキーとは思えないパフォーマンスを発揮する

This ski provides perfect turns under any situation. The metal model maintains stability on tough or hard icy slopes, and makes sharp carving turns a cinch.

SIZE: 178  185

SIDE CUT: 135-100-120

RADIUS: 18.2(178)  20(185)

¥140,000 +TAX

サイドカットはスタンダードと同じで、値段が1万円高くなります。

 

公式には重量の記載がありませんが、マジで重いです…

ボケてます。。すみません。

 

いざ試乗!

メタル入りとのことだけあって、センター100mmのレーシングスキーです。

ズッシリとした乗り味は、少々の荒れたバーンでもなんてことありませんでした。

スタンダードと比べて、重さだけでなく、エッジの食いつき具合も高く、アイスバーンでも頼りになりそうでした。

 

同じメタル入りのポラーブとの違いで感じたのは、センター幅とターンの入りやすさ。

ポラーブよりアヴェントゥーラの方がターンの導入がしやすいです。

スタッフに違いを聞いたら、体重のある方にはポラーブ、ない方にはアベンチューラをオススメしているそうです。

 

レーシングをしていた方がゲレンデ用にファットスキーを1台選ぶとしたら候補の1台となりそうです。

BC用の板としては、重すぎです。

かなりガッツがないと、これで長時間ハイクはキツイと思います。

アヴェントゥーラのメタルでBCやる人聞いたことないんですが、いらっしゃるんでしょうか???

 

サイドカントリー程度ならアリかも。

ズッシリ重いので、長時間のハイクはキツイのですが、30分〜1時間くらいのハイクであれば可能かもしれません。

また、ビンディングもtechビンディンではなく、マーカーのデュークやバロンが適していそうです。

 

 

 

次回はカーボンモデルのスーパーライトの試乗レビューをお届けします!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください