【試乗レビュー】Vector Glide/AVENTURA SUPER LIGHT ヴェクターグライド/アヴェントゥーラ スーパーライト 185cm




2019年1月26日、27日に夏油高原スキー場で開催された、ヴェクターグライドの試乗会に参加してきました。

7機種試乗してきましたので、順番にレビューしていきます。

あくまでも管理人のフィーリングで語っていますので、ご容赦ください。

 

AVENTURAのSUPER LIGHTは初めて試乗します。

バックカントリーでの使用をメインに考えているのであれば、最高の1台となりそうです。

スタンダード、メタルのレビューも書いていますので、合わせて読んでもらえると嬉しいです!

※スタンダードのレビュー

※メタルのレビュー

 

AVENTURAについて

公式HPではAVENTURAはAll Mountainのシリーズにラインナップされています。

All Mountainには2018-2019シーズンで新しくラインナップされたPOLARVEがありますね。

※POLARVEの試乗レビューはこちら

 

「冒険」という名のついた板であるだけに、様々なシチュエーションを想定して設計された板のようです。

コンディションに悩んだら“ハズレのない板”という感じです。

試乗した板はこちら。

見た目にはスタンダード、メタルとの違いは正直わかりません。

 

スペック

こちらも同じくHPから転載します。

アヴェントゥーラ最軽量モデル。特にバックカントリーにおいて、軽量で操作性に優れたこのモデルは、パウダーにおいてもレスポンスがよく、かつてない感動的なターンを楽しむことができる。

This ski provides perfect turns under any situation. SUPER LIGHT is the lightest model. A very light and easily maneuvered it is highly respnsive in powder and provides outstanding turns.

SIZE: 178  185

SIDE CUT: 135-100-120

RADIUS: 18.2(178)  20(185)

¥155,000 +TAX

サイドカットはスタンダード、メタルと同じですが、、値段はスタンダードより2.5万円高くなります。

ちなみに、スタンダードが13万円、メタルが14万円です。

 

いざ試乗!

今シーズンから、178がラインナップされたそうですが、試乗はスタンダード、メタルと同じく185cmをチョイス。

カーボンの良さは持った時にすぐ分かります。

 

「お、軽い。担いでも平気そう」ってな感じです。

 

軽さがアドバンテージになり、軽快な乗り心地。

カーボンっぽい跳ね返りもそこまで強くないので、ターンからターンへ移るのにも非常に軽快。

荒れパウでも本当に楽しくて、この日の夏油高原スキー場ではピッタリの板でした。

 

管理人はスーパーライトが一番好み。

ジーニアスのカーボンとは違い、押さえつけるのが大変という印象はなし。

ある程度のスピードも許容範囲で、BC寄りのユーザーにはピッタリだと思います。

 

次回はVECTOR GLIDEのフラッグシップ、コルドヴァのメタルの試乗レビューをお届けします!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください