Volkl/Marker/Dalbelloの2020/2021カタログを入手!




とある裏ルートから、

 

ではなく試乗会のvolklスタッフからいただきました。

あくまでも2020年1月現在のものであり、掲載されていないラインナップもありますのでご注意を。

来シーズンから投入されるBLAZE(ブレイズ)シリーズ

センター幅106mmと94mmでレディース板も用意されています。

100 Eightと90 Eightがラインナップから消え、BLAZEシリーズになりました。

グラフィックのみの変更です。

Confessionは正式にラインナップから消えました…

Katana V-werks、Mantra V-werksが掲載されていませんが、継続モデルでグラフィック変更とのことです。まだ国内にデモ機が入ってきていないそうです。

また、Mantra102の上にV-werksではないKatanaも新しくラインナップされます。

Revoltシリーズのグラフィックは好き嫌いが分かれそうです。

新しく104が追加、その他はグラフィックの変更のみです。

ブーツ&ビンディング編

LUPOのラインナップが増えましたね。

軽量ツアーリングブーツのクァンタム。管理人はこの手の山専ブーツは興味なしです。

イルモロはスノーボードのブーツみたいなカラーリングで、目立ちそう。

ビンディングのニュースはDUKE PTですね!

開放値16と12が用意されています。

トゥーピースが外れる仕組みとのことですが、外してハイク中に雪が詰まって凍っても大丈夫ですか?って聞いたら、「雪詰まるでしょうね…」という反応。

これは実際どうなのかがわからないうちはリスク高いですね。

もう1つ、Kingpinもマイナーチェンジです。

M-werksで採用されていた、トゥーピースのバネ2本がKingpinにも採用されます。

バネが6本→2本となったことで、トゥーピース自体が軽く、小さくなるようです。

色がレッドなのもナイス!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください