スキー、スノボはこうやって車内に収納してます




スキー、スノーボードに行くときって多くが車ですよね。管理人もそうです。

長年の悩みの一つが、「車内にどうやって収納するか」です。Google先生に”スキー 車内 収納”なんて検索すると、メチャクチャ凝った収納を組んでいる方を簡単に見つけることが出来ます。

が、正直めんどくさい。そしてスキー以外では家族も乗るので普段は通常のレイアウトにしたい。

参考になって、実際に試して良かったので紹介したいと思います。

 

参考にしたのはスキーYouTuberの齋藤勇洋さんの動画

1年くらい前の動画ですが、こちらが車内収納で参考になりました。実際の車内収納は動画前半だけですが、見てみてください。

シンプルで良くないですか?そして、凝ったものを使っていないところが感動的です。

特に感動したのはヨガマットです。こういう使い方は想像してませんでした。

 

ヨガマット購入して今シーズンから使用してます

2つ購入してみました。Amazonで1,000円くらいで購入できるものをチョイス。

動画でも触れらている、折りたたみできるタイプです。

畳むとメチャクチャコンパクトです。写真でチラッと写っていますが、実際はこんな感じでスキーを置いてます。

これで車に傷がつくリスクが大幅に軽減されました。そして、スキーが動かないので運転中に気になることもなくなって大満足です。

created by Rinker
トーン(Tone
¥1,495 (2022/12/09 18:36:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

ルーフのスキーキャリアも経験あります

ルーフにスキーキャリアを装着していた時期があります。ルーフボックスに比べると安価で車内スペースも取れるのでいいですよね。

管理人も現在の車の前にコンパクトカーに乗っていた時はスキーキャリア使用していました。

 

もう2度とスキーキャリアを使うことはない

スキーキャリアを使用したことがある方なら、この気持ち分かってくれると思います。

板が汚れるんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

ハンパなく汚れます。高速道路を利用した際は、板が滑らなくなるレベルです。

今でもスキーキャリアに板を積んでいる車を良く見かけますが、「マジか。考えられん。」って思っています。

 

ルーフボックスってどうなの?

ルーフボックスは経験がないので分からないのですが、使い勝手どうなんでしょうか?

車内スペースが取れて、道具も汚れない、って良いように思うんですが、管理人は避けています。理由は3つ。

  • 立体駐車場
  • 走行性能
  • 板の長さ

車高が高くなるので、立体駐車場に入りにくくなります。スキー以外では家族も乗る車なので立体駐車場に入れなくなるのはキツイ。そして、風にあおられやすくなるなど、走行性能も多少落ちるのが目に見えています。

そして、パウダー板を持っている方ならわかる、板の長さ問題。管理人が使用しているRevolt121は184cmです。一般的なアルペン板と比べると長い。実は内寸が180cmを超えるルーフボックスって、選択肢が少ないです。

こんな理由からルーフボックスは避けている、という感じです。しばらくルーフボックスについては調べていないので、最近の情報持っている方いらっしゃいましたら教えてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。折りたたみヨガマット良いですよ。

車内を傷つけないだけでなく、置いたものが動かない、そしてヨガマット自体撥水するので汚れも車内に付きにくいです。

スキー、スノーボードの車内収納にお困りの方、試してみてください。

それではまた次回!

created by Rinker
トーン(Tone
¥1,495 (2022/12/09 18:36:20時点 Amazon調べ-詳細)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

岩手県在住の1986年生まれ。 大学の授業でスキーを体験。そこから雪の魅力に取りつかれて道具を揃い始める。ある日、スキー場のトップから山の中に入っていく集団を見つけて声をかけたことからバックカントリーも開始。スキーやバックカントリーに関する情報を発信しています。