【レビュー】Volkl/フォルクル 100 Eight/ハンドレッドエイト 181cm




板の買い替えを検討していた管理人。

先日twitterでツイートしてましたが、耐え切れずに購入しました。

 

シーズン途中での買い替えでワックス掛けるのが面倒だなーということでPHANTOMも導入しました。

PHANTOMの記事は別途upします。

 

今回は4FRNT Raven 184cmの代わりとして導入したVolkl 100Eight 181cmについてレビューして参ります!

よろしくお願いします。

 

前置きですが。

今回レビューする100 Eightですが、来シーズンはラインナップから外れることになっています。

(90 Eightも同様に外れます)

後継品としてBLAZEシリーズが既に発表されています。

管理人もBLAZE 106と94についての試乗を行っていますので、のぞいてみてください。

 

 

板について

100 EightはMntraと同じ、FREERIDEのカテゴリーに入っています。

VolklのInternationalサイトでは100 Eightのページが用意されていました。

国内のwebサイトもこのようなページを用意してもらえると嬉しいです。

100Eight | Freeride | Skis | Products | Völkl

 

他の板にはない、構造上の特性もいくつかあります。

  • 3Dグラスセンター
  • 3Dリッジ

とりわけ上記は特徴的です。

 

3Dグラスセンターとは

国内のカタログでは、3Dグラスセンターについて以下のように記載されています。

//ビンディングの下のグラス形状が立体的な形状

//やや幅広のスキーがソフトな雪面状況化でパフォーマンスを発揮できることを重視した形状

※カタログからの引用

なんじゃこりゃ!訳が分かりません。

 

この点もInternationalサイトが解説してくれています。

3D.Glass | Völkl

動画を見てもらうのが一番分かりやすいと思います。

補強としてグラス材が使用されるのですが、通常は平面状に使用されているのが、エッジまで立体的な形状で補強されています。

これによって板のフレックスが向上、特にトーションも良くなり、エッジへの力の伝わりが更にupしてグリップ感が良くなる、という訳のようです。

 

3Dリッジとは

3Dリッジは見た目で分かりやすく、スキー中心からエッジにかけて板の厚みが薄くなっていく構造です。

この構造のメリットは、軽さ、エッジへの力の伝わりやすさ、スイングバランスの良さの3つです。

実際に滑ってみると、一番感じられるのは、スイングバランスの良さです。

足元に重量が集中し、topとtailが軽いのでスイングしたときの重量感がとても軽い。

板の重さは持った時の重量感ではなく、滑ったときの重量感が大切なんだなーと思い知らされる瞬間です。

 

スペック

板の長さは3種類あり、サイドカットは全て同じです。

  • 173cm(141-108-124、R19.7)、重量1,890g(片方)
  • 181cm(141-108-124、R22.0)、重量2,010g(片方)
  • 189cm(141-108-124、R24.5)、重量2,130g(片方)

 

全体像

正面

ビンディングはKinglin 13にしました。

ソール(P-Tex 2100です)

ドイツ製が主張されています。

また、3Dリッジ構造は写真でも確認できると思います。

今回は推奨位置に取り付けています。+2cmまで線が書いてありました。

取り付けの際、タイトなツリーランをメインで滑るなら前に出した方が良い。パウダーもがっつり滑るなら推奨位置がおススメ。と聞いて悩みました。

メーカーの方がそのように話をされているようです。

板にもスペックが記載されています。181cmを購入しました。

テールはシールクリップが付けやすいように補強されていて、BCで使う際も安心です。

フルロッカーの板ですが、ロッカー具合は非常に緩やかです。

まずはtopのロッカー具合。

続いてtail側のロッカー具合です。

 

乗り味

100 Eightって、試乗レビューの少ない板だと思いませんか?

一緒に滑るガイドや仲間も100 Eightは良いらしい、という話は聞きますが、ここは人柱になる気持ちでの購入。

まだ短い期間ではありますが、正解でした。買ってよかったです。

 

ゲレンデで1日、BCで1日使用しての感想となります。

 

3Dリッジの構造の部分でも書きましたが、何といってもスイングバランスが良く、軽く感じます。

また、3Dグラスセンターの構造の通り、板の張りはそこそこ強く、トーションもそこそこ強いのですが、

扱いにくさを感じるような嫌な硬さではなく、気持ちよくスピードに乗ってカービングできます。

 

スピード域はRenegadeやRavenに比べると遅いですが、早すぎず、コントロールしやすい域と感じました。

 

購入を考えている人は、急いで市場在庫を買うしかない

BLAZEシリーズの登場に伴い、ラインナップから外れることになりましたので、購入を考えている人は急いで買うしかありません。

むしろ、安くなってお買い得ではないでしょうか?

ホントに買ってよかったです。

 

 




2 件のコメント

  • Would you guy’s suggest to the 189 or the 181 for an advanced heavier skier? I’m 6’2 2b and run a Volkl Two for a powder ski. Looking for a fun soft snow daily driver and wonder if the extra length is worth it.

    • Sorry for replying late. I’m 169cm , 64kg. I usually use skis longer than 180 cm. How long is the length of the volkl two you are using?

  • Sebastian へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください